Login
RSS Feed

消費者金融の利用中に結婚したら

消費者金融に申し込みをする際、氏名・電話番号・勤務先・年収・勤続年数などの基本情報を記載します。では、もし結婚や引越しなどの理由でこうした情報に変化があったらどのように対処すれば良いのでしょうか。
結婚や引越しの際には、住所や電話番号など重要な情報が変わるので、変更の旨をきちんと伝えることが必要です。もし住所変更をしないと、郵便物が元の住所に届いてしまいます。また、実家から一人暮らしに変わった場合、営業の電話が実家にかかってしまうかもしれません。手続きに手間はかかりますが、役者や会社に変更の連絡をする際に、消費者金融への連絡も同時に済ませましょう。
また、情報に変更があったにもかかわらず申し出をしなかった場合、信用が落ちる可能性があるので注意が必要です。もともと正確な情報を記載していたけれど、結婚や引越しによって情報に変更が出ても、消費者金融側はそのことを知りません。実際の状況と、登録されている事実が違うことが知られると信用度が下がります。こうした点もふまえて考えて、なるべく早く手続きをしましょう。
消費者金融によっては、インターネットの会員ページから住所や電話番号を変更できる場合もあります。また、電話だけで済ませられる場合もあります。個人情報の変更は思っているほど手間はかかりません。
現在も消費者金融で返済を続けている場合は変更の旨に気付きやすいですが、すでに完済し終わった場合は自分の情報が消費者金融に登録されていることを忘れてしまうかもしれません。ですから、完済し終わって今後使う予定がないなら解約しておくこともできます。

消費者金融の利用中に結婚したら

消費者金融に申し込みをする際、氏名・電話番号・勤務先・年収・勤続年数などの基本情報を記載します。では、もし結婚や引越しなどの理由でこうした情報に変化があったらどのように対処すれば良いのでしょうか。
結婚や引越しの際には、住所や電話番号など重要な情報が変わるので、変更の旨をきちんと伝えることが必要です。もし住所変更をしないと、郵便物が元の住所に届いてしまいます。また、実家から一人暮らしに変わった場合、営業の電話が実家にかかってしまうかもしれません。手続きに手間はかかりますが、役者や会社に変更の連絡をする際に、消費者金融への連絡も同時に済ませましょう。
また、情報に変更があったにもかかわらず申し出をしなかった場合、信用が落ちる可能性があるので注意が必要です。もともと正確な情報を記載していたけれど、結婚や引越しによって情報に変更が出ても、消費者金融側はそのことを知りません。実際の状況と、登録されている事実が違うことが知られると信用度が下がります。こうした点もふまえて考えて、なるべく早く手続きをしましょう。
消費者金融によっては、インターネットの会員ページから住所や電話番号を変更できる場合もあります。また、電話だけで済ませられる場合もあります。個人情報の変更は思っているほど手間はかかりません。
現在も消費者金融で返済を続けている場合は変更の旨に気付きやすいですが、すでに完済し終わった場合は自分の情報が消費者金融に登録されていることを忘れてしまうかもしれません。ですから、完済し終わって今後使う予定がないなら解約しておくこともできます。

消費者金融と銀行カードローンの違い

給料日の前にお金が足りなくなってしまい、給料日までの間だけでもお金が借りられたらよいのにと思ったことが有ると思いますが、そんな時はキャッシングの利用もひとつの方法です。
キャッシングをするためにはどこでお金を借りるかを決めなければなりません。
キャッシング会社には消費者金融系や銀行系があり、それぞれに違いがあって利用するためにはどこに違いが有るのかを知ることも必要になります。
消費者金融系と銀行系のおおきな違いは、消費者金融でキャッシングをするときは貸金業法の総量規制が適用され、利用するには年収が有ることが条件となり、融資限度額は年収の3分の1以下と制限されるため年収が少ない人は多くの融資を希望することができないことや、無収入の専業主婦や無職のひとは消費者金融を利用できません。
銀行系は銀行法で事業をおこなっているので貸金業法の適用は受けず、それぞれの銀行が独自の審査基準をもっているので、専業主婦のような無収入のかたでもカードローン審査に通ればキャッシングが可能になります。
消費者金融系と銀行系の違いとして、消費者金融系は銀行系に比べて金利が高めになることがデメリットですが、独自のノウハウやシステムを利用して、その日に申込んでその日に融資が受けられるといったスピード融資をおこなっていて、銀行系は金利が低い代わりに審査がきびしくなることや契約書のやりとりを郵送で行うところ、申込をした銀行で口座を作らなければならないという銀行もあるので即日融資に不向きな銀行も多いといった違いがあります。

キャッシング残高がゼロになる、自己破産という最終手段

今あるたくさんお金を借りることで生じた残高をゼロにして、完全な再スタートを切るための方法が自己破産です。
しかしリスクが多くなり、またすべての人が利用できるわけではありませんので最終手段として考えていなくてはなりません。
簡単に選択できる方法ではないということは肝に銘じておきましょう。
支払い不能となるとそれを裁判所に認められなくてはなりません。
すると現在ある借金の支払いはすべてが免除されます。
これまで返済という大きな負担のために生活がままならなかったものが新しいスタートを切ることができます。
収入のすべては今とこれからの自分のために使えるようになり、貯蓄をしていくこともできるでしょう。
願ってもかなわないと思っていた生活の安定と安息が待っています。
しかし自己破産をするためには条件があります。
・支払い不能であると認められること
・過去7年間のあいだに面積を受けていないこと
そして自己破産後でも条件があります。
・現在価格が20万円を超える財産は処分される
・現金は99万円を超える金額が処分される
・自己破産手続き期間中は特定の職業につくことができない
・個人信用情報機関に自己破産の情報が記録される
厳しい条件がつきます。
それもそうです、利息をつけて返済することを約束して借り入れた金額のすべてを帳消しにするのです。
簡単に行えるものであれば債権者は営業を続けていくことができなくなります。
あくまでも支払い不能となり返済の見込みが全くつかなくなったときの最終手段として考えなくてはなりません。

カードローンで融資を受けよう

お金を借りる方法としては、いくつか考えられます。
その中でも、「カードローン」を利用される方も、たくさんいらっしゃいます。
「カードローン」という言葉を聞いたことが無いという方は少ないでしょうが、反面「カードローン」とは何かを正確に説明できる方も少ないのではないでしょうか。
カードローンとは、個人向け融資の一つです。
住宅ローンやカーローンなどと異なり、お金の使い道(資金使途)が特定されません。
資金使途が決まっているローンを「目的ローン」と呼ぶのに対し、カードローンは「フリーローン」の一つであるといえます。
基本的には、無担保で保証人を立てることもありません。
大型のカードローンになると、担保を取ったり、保証人を立てることもありますが、これらは別物と考えていいでしょう。
限度金額は10万円〜500万円程度の種類が多いですが、中には800万円程度の高額融資をカードローンで提供している先もあります。
カードローンは、この限度額範囲内で何度でも借り入れと返済を行うことができます。
返済方式は商品によって異なりますが、多くは利用残高に応じて毎月決まった金額を返済するリボルビング方式が一般的になっています。
当然、利用残高が0であり、まったく利用していなければ、返済は発生しません。
カードローンは、資金使途が自由ですので、利用しやすいローンであるといえます。
同時に、住宅ローンなどを申込む際に、カードローンをセットにすると金利優遇などのサービスを受けることができる先も多くなっています。

もしかすればお金を借りる前に違う方法があるかもしれない

現在の借金をまとめたい、その気持ちはよくわかります。
しかしお金を借りる前にもしかすれば別の方法があるかもしれません。
その借り入れはどのくらいの期間に及んでいるものでしょうか。
目安としては5年以上の借り入れがある場合、過払い金が発生している可能性があります。
10年以上ともなればその可能性はかなり高くなってきます。
当時の契約書は手元にあるでしょうか、すぐに確認してみましょう。
利息制限法がありその金利以上の金利になっていた場合、余分に利息を支払っていたことになります。
元本が10万円未満の場合 年20%
元本が10万円以上100万円未満の場合 年18%
元本が100万円以上の場合 年15%
これを確認してください。
金利がこれ以上となっていた場合には余計に支払っていた利息を返還してもらうことができます。
過払い金の返還請求については弁護士や司法書士などに相談することをお勧めします。
個人での返還請求もできますが、その金融業者との直接交渉となりますので満額の支払いはないでしょう。
和解提案として本来支払っていた余分な利息の半額程度での和解が提示されます。
その金額に納得ができなかった時には裁判による解決となりますので費用がかさむこととなります。
専門の弁護士などに相談をするとすでにその交渉の舞台に慣れがあるため返還請求はスムーズに行われ、弁護士費用を差し引いたとしても個人で請求して返還される金額よりも大きな金額を受け取ることができるでしょう。